高木病院とは

1. 労災及び救急告示病院として、一般診療(整形外科、外科、内科、泌尿器科、消化器内科、消化器外科、肛門外科、リウマチ科、麻酔科、リハビリテーション科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、放射線科、皮膚科)を行っております。

 整形外科、外科、内科、泌尿器科、関節外科、スポーツ外来などを主体とした一般急性期疾病を取り扱っております。また、手術・検査も幅広い範囲で積極的に行っております。
 職員の平均年齢も若く活気があるのも特徴です。又、周辺地域の発展が著しく、これに呼応して規模も拡大傾向にあり周辺企業の発展にも産業保険活動を通じて貢献しております。

2. 地域の皆様に更に細かい配慮がいきわたるように、関連医療機関として、慶応大学・埼玉大学・東京医科大学・東京女子医科大学・日本医科大学の各病院との密接な連携を行っています。

 外科に関しては、慶大外科からは、10数年に渡る医局員の派遣実績(週2回)があり、今回の新病院拡充により診療内容を充実させ、外科学会認定修練施設の関連施設を目指すこと、また慶大外科よりの医局員派遣の常勤化を視野に入れ、さらなる連携を図って参ります。

 整形外科に関しては、一般外傷にとどまらず、東京女子医大医局よりの常勤医派遣を得て、関節外科の充実化が実現しております。また今後は脊椎外科の充実も図って参ります。又、整形外科認定研修施設として実績を挙げるよう努力しております。

 内科については、スタッフの増員により一般内科に加えて専門分野(神経・消化器・循環器・呼吸器)の充実を今後も図って参ります。

 泌尿器科に関しては、体外衝撃波による治療(ESWL)開始が実現しております。今後も引き続きスタッフの増員による内容の充実拡大を図ってまいります。
3. 以下をスローガンに、救急医療活動の充実、病病、病診連携のさらなる強化、在宅医療の充実を図り、急性期病院として、地域での役割を担って参ります。
  • 公的機関とは違った患者様中心の医療活動を行う。
  • 主として、内科系・外科系の急性期医療中心の活動を展開する。
  • 慢性期疾病を取り扱う施設との連携活動を密接に行う。

ページトップ